Jeans Repair GOEMON ジーンズ・デニム専門のリペア(修理)屋


裾のリペア

裾が解れているだけで見た目の印象が大分変わります。ダメージが小さいうちにリペアする事をお勧め致します。

裾のリペアは、折り返しのある場合のみ【オリジナルリペア】【レギュラーリペア】 が可能です。
折り返しの生地が無くなっている場合はデニムを移植することになりますが、同化するデニムはありませんので移植後はかなり目立ちます。

リペア方法に関わらず、裾上げ時のステッチを解いてのリペアとなります。
元々がチェーンステッチで裾上げされていた場合は基本的にチェーンステッチでステッチを入れ直しますが、オリジナルリペアでご依頼の場合はシングルステッチを入れさせて頂きます。

リペア方法 レギュラーリペア

一見酷いダメージの様に見えますが、折り返しの生地もまだ残っていたのでレギュラーリペアでもこのクオリティーで仕上げられました。
リペア方法 レギュラーリペア

穴を塞いだ後の裏側はこのような感じになります。
踵部分にもダメージがある場合は当て布の範囲が広くなるので、ロールアップして穿く場合には当て布が見えてしまいます。
リペア方法 レギュラーリペア

色が濃く残っている場合の方がリペア跡が目立つ感がありますが、洗濯して穿いている内に馴染んできます。
リペア方法 オリジナルリペア

“アタリ”をできるだけ再現できるように施しました。
レギュラーリペアよりも多く糸が入るので仕上がりが固くなります。
リペア方法 オリジナルリペア

裾部分だけでなく踵部も弱っていたので一緒に補強しました。
オリジナルリペアで仕上げる場合、解いたステッチをチェーンステッチで戻せない場合がありますので予めご了承ください。
リペア方法 デニム移植リペア

完全に生地が無くなってしまっている場合はデニム生地を移植することになります。
同じような色落ちをしたデニムが無い為、仕上がりは目立ちますが、穿いているとそんなに気にならないかと思います。移植したデニム生地も色落ちしていきますので。
リペア方法 クイックリペア

パッと見にはレギュラーリペアに見えますが、ダメージ部分を簡単に埋めただけです。
強度に不安は残りますが、リペアが初めての方や低料金で直したい方、納期を短く済ませたい方にはお勧めのリペア方法です。














まずはメールでお見積りを!
↓をクリックorタップしてください。



見積り方法/見積依頼


日中は作業をしていますので返信は夕方もしくは翌朝になります。





ホーム

リペアサンプル

リペア方法の種類

チェーンステッチ裾上げ

wash&care

Re-labo goemon

料金

ご依頼までの流れ

見積依頼/見積方法

注意事項

お申込み

メディア

ブログ

工房のご案内

ABOUT US

お問い合わせ

Tシャツリサイズ

特定商取引法に基づく表示
(C) 2004 Jeans Repair GOEMON inc.