Jeans Repair GOEMON ジーンズ・デニム専門のリペア(修理)屋


ABOUT US

Jeans Repair GOEMONは2004年に設立しました。
当初は自宅を工房にしてインターネットでの注文を承っておりましたが、2005年に千葉県柏市に工房を構えました。

その頃はジーンズ専門のリペア屋というのは全国で2~3か所しかなく、現在と違いブログやSNS等がまだ盛んではない時でしたのでリペアの方法は自分で考案するしかありませんでした。

穴を簡単に埋めて終わり。まだそんな方法のリペアが主流だった時です。

工房を構えた直後、1人のお客さんから「穿いてすぐに破れた」という事を聞きました。
自分がリペアしたジーンズがすぐに破れた事がとてもショックですぐに原因を考えました。

そこで着目したのがダメージ周りの生地の強度。
実は穴埋めに関して言うと、穴の埋め方よりも穴周りの生地をどこまで補強するかが重要なんです。
今ではどの業者さんも口を揃えて穴周りの補強の大切さを謳っていますが、10年前にそんな事を言っていた人はいませんでしたね。

そこからGOEMONは強度を追求し、どんどん溢れでてくるリペア方法を全て試しながら、誰も確立していないジーンズリペアの方法を模索してきました。

もちろん現在進行形でジーンズリペアの方法はまだまだ模索中です。最良の方法が見つかるまで模索し続けるんでしょうが、見つからないでしょうね。

正しいリペア方法は依頼主が決めることですからね。


さて、GOEMONではリーバイス501XXをはじめ、多くのビンテージジーンズもリペアしてきましたが、ウエアハウス・フルカウント・リゾルト・ドゥニーム・ダルチザン・エビス・エターナル・桃太郎etc・・・国産レプリカデニムの依頼の方が多いです。ディーゼルの依頼も多いですし、最近ではレディースデニムのリペア依頼も徐々に増えていますね。

「安物のデニムなんだけどリペアする価値ありますか?」って聞かれることがありますが、高価なジーンズが良い〝モノ”ではありませんし、価値あるビンテージデニムが偉いという考え方も持ち合わせておりませんので、1000円で購入したモノであろうと貰いものであろうと堂々と持ってきてくださいね。

リペアした本数は覚えておりませんが、お預かりしたジーンズは全て丁寧に仕上げております。

お陰さまで雑誌にも多数紹介され、くちコミでも広がっており嬉しい悲鳴ではありますが、依頼はかなり多いです。
その為お客様には数か月もお待たせしてしまう状況ですが、何も考えず作業をこなすのではなく、1本1本丁寧に仕上げる事を常に頭に置いてリペアしていますので、お時間が掛ってしまう事を御理解下さい。

2011年1月より、クオリティーを求めない方の為にクイックリペアというリペア方法での依頼も承るようになりました。
あまり穿き込んでいないダメージ加工されたデニムの穴であればクイックリペアでも十分な場合があります。
見た目はレギュラーリペアとあまり変わらないので、少しでも安く・早く仕上げて欲しいという方は是非クイックリペアをお試しください。

ご自分でリペアをされてみたい方の為に、ジーンズリペア講座を開設しました。ミシンを踏んだ事のない初心者のかたばかりが受講されておりますが、皆さん最後は自分の手で自分のジーンズにリペアを施し、喜んで帰っていかれます(笑) 興味のある方は是非どうぞ!!コーヒーでも飲みながら楽しみましょう。
GOEMON-タローのSPEC
1975年製
height 172㎝
weight70kg










まずはメールでお見積りを!
↓をクリックorタップしてください。



見積り方法/見積依頼


日中は作業をしていますので返信は夕方もしくは翌朝になります。





ホーム

リペアサンプル

リペア方法の種類

チェーンステッチ裾上げ

wash&care

Re-labo goemon

料金

ご依頼までの流れ

見積依頼/見積方法

注意事項

お申込み

メディア

ブログ

工房のご案内

ABOUT US

お問い合わせ

Tシャツリサイズ



特定商取引法に基づく表示
(C) 2004 Jeans Repair GOEMON inc.