Jeans Repair GOEMON ジーンズ・デニム専門のリペア(修理)屋


膝/太腿のリペア

膝や太腿のリペア依頼はやはり多いです。
穿いていて自然に穴が開いてしまった場合は、大抵の場合穴周りの生地も弱っています。
GOEMONでは太腿から膝下まで、もしくは膝全体を補強することをお勧めしております。

リペア方法 レギュラーリペア

写真左がレギュラーリペア後
写真右がレギュラーリペア後の裏側
大きく補強しているのがお分かり頂けるかと思います。
上のレギュラーリペア後の裏側を拡大した写真です。
穴を塞いだ部分以外の補強の糸もかなり細かく入っているのがお分かりいただけるかと思います。
リペア方法 レギュラーリペア

太腿と膝の穴だけを個別に塞いでしまうと、強くなったリペア部分同士が引っ張り合い中間で破れやすくなってしまうので、こういった場合は太腿から膝下まで穴周りも大きく補強することをお勧めしています。
もちろん穴だけを個別に塞ぐことも可能です。その場合はクイックリペアになります
リペア方法 レギュラーリペア

白い横糸が復活している様に見えるのはGOEMONで染めた「しろも糸」を横糸に見立て使用したGOEMONの基本的なリペア方法です。
リペア跡が自然な風合いになり、ダメージを生かすことができるリペア方法です。
リペア方法 レギュラーリペア

太腿のサイドステッチ周辺のダメージ
強度のあるリペアを施すためにステッチを解いてリペアしますが、極力“アタリ”がズレないように特殊な方法でリペアします。
リペア方法 オリジナルリペア

良く見ると膝穴の下に他店様のリペア跡があり、若干のプレッシャーを感じつつリペアしましたが、巧く馴染ませられました。
リペア方法 オリジナルリペア

膝に開いた小穴とヒゲ部の擦れをオリジナルリペアで仕上げました。
不自然にならない様に、ヒゲの跡を残しつつリペアするのはとても難しいです。
こちらも膝全体を補強しています。
リペア方法 オリジナルリペア

穴が大きくなくてもデニムの色味によってはオリジナルリペアでも目立ってしまう場合があります。
リペア方法 クイックリペア

表側からではレギュラーリペアと間違われそうですが、穴周りの補強をしていませんので強度は大分違います。
リペア方法 クイックリペア

元々加工された穴はそのままに、後から縦に裂けてしまった部分だけをリペアしたいというご依頼でした。強度的にあまりお勧めはできませんが、この様なリペア方法も承っています。
リペア方法 クイックリペア

初めは白い部分だけにあった穴に足を引っ掛けて広がったダメージかと予想できます。
ダメージ周りの生地が弱っていないので穴部分だけを埋めるクイックリペアを施しても当分は問題ないです。














まずはメールでお見積りを!
↓をクリックorタップしてください。



見積り方法/見積依頼


日中は作業をしていますので返信は夕方もしくは翌朝になります。





ホーム

リペアサンプル

リペア方法の種類

チェーンステッチ裾上げ

wash&care

Re-labo goemon

料金

ご依頼までの流れ

見積依頼/見積方法

注意事項

お申込み

メディア

ブログ

工房のご案内

ABOUT US

お問い合わせ

Tシャツリサイズ

特定商取引法に基づく表示
(C) 2004 Jeans Repair GOEMON inc.