Jeans Repair GOEMON ジーンズ・デニム専門のリペア(修理)屋



リペア方法の種類

GOEMONのリペア方法は主に3種類あります。

【レギュラーリペア】【オリジナルリペア】【クイックリペア】



レギュラーリペアは履き心地、強度のバランスに優れているGOEMONが一番お勧めしているリペア方法です。

オリジナルリペアは、ダメージをなるべく目立たなく直したい場合に最適なリペア方法です。
ただし、大きすぎるダメージの場合は目立ってしまう事と履き心地が悪く強度も弱くなることが考えられる為お断りさせて頂く場合がございます。

クイックリペアは、とにかく早く低価格で仕上げて欲しいという方の為のリペア方法です。
リペアが初めてで不安な場合は、クイックリペアで試してみるのも良いかと思います。



レギュラーリペア

縦落ちの目に沿って1方向から糸を入れて穴を埋めます。
穴部分だけを塞いで終わりではなく、穴周辺の弱っている生地も大きく補強しますので強度に優れています。
オリジナルリペアに比べて入れる糸の量が少ないので仕上がりもしなやかで履き心地が良いです。
※リペア直後は少し硬く感じる場合もありますが、穿いているうちに馴染んできます


履き心地、強度のバランスに優れたGOEMON一押しのリペア方法です。


オリジナルリペア

2方向から違う色の糸を入れる事で立体的な色を生み出し、なるべく目立たなくするリペア方法です。
※完全に目立たなくなることはありません。

自然に開いてしまった穴の場合は穴部分だけを埋めるのではなく、穴周りの弱っている生地も補強するので、強度もあります。

ただ、レギュラーリペアに比べて糸を入れる量が2倍以上になるので、穴埋めした部分は固くなり、リペアした周りの生地への負担を増やす場合があります。

大きい穴の場合、どうしても目立ってしまいがちなので、オリジナルリペアでの依頼をお断りさせて頂く場合もあります。



クイックリペア

経て落ちの目に沿って1方向からのみ糸を入れます。

穴埋め方法は、レギュラーリペアと変わらないので見た目はレギュラーリペアとさほど変わりませんが、基本的には穴部分だけを埋める応急処置的なリペアになりますので、強度には不安が残ります。

あまり穿きこんでいないダメージジーンズの元々ある穴を埋める際には有効なリペア方法です。

納期が短く、リペア作業料金が低価格です。

強度は気にしないから早く安くと言う方やジーンズリペアが初めてでご不安な方にお勧めなリペア方法です。




こちらでは紹介していないリメイク風なリペアも承っていますので、お気軽にご相談ください。
ただし、すべてのご要望にはお応え出来かねますので、予めご了承ください。










まずはメールでお見積りを!
↓をクリックorタップしてください。



見積り方法/見積依頼


日中は作業をしていますので返信は夕方もしくは翌朝になります。





ホーム

リペアサンプル

リペア方法の種類

チェーンステッチ裾上げ

wash&care

Re-labo goemon

料金

ご依頼までの流れ

見積依頼/見積方法

注意事項

お申込み

メディア

ブログ

工房のご案内

ABOUT US

お問い合わせ

Tシャツリサイズ



特定商取引法に基づく表示
(C) 2004 Jeans Repair GOEMON inc.